2017年12月15日号
次回1月15日更新予定

artscapeレビュー

第10回アトリエの末裔あるいは未来

2015年12月15日号

会期:2015/11/20~2015/11/29

東京藝術大学大学美術館陳列館+旧平櫛田中邸[東京都]

藝大の陳列館と、近くの平櫛田中の旧宅を会場にした彫刻展も10回目。今回はこれまでの出品者も含めた展示で、とくに陳列館のほうは2フロアに70人もの小品が並べられ壮観だ。木の塊からカリフラワーと台座を彫った内田麻ゆ、雑巾のようにボロボロになった人工芝を彫った田中圭介、木の突起を何百本も放射状に固めて《うに》と題した大野匠、田中の《鏡獅子》をオカマ化した根上恭美子、初音ミクを黒人化して《初音モク》にした大平龍一、うねるような木の根っこにうねるような髪の毛みたいな模様を彫りつけた木戸龍介、落下中のテナガザルをキングコングにダブらせたビル・ウォルフ、スケートボードを細かく刻んで高さ70センチほどの塔に積み上げた増井岳人、石膏でつくった手の彫刻に木目模様を描いて木彫に見せかけた宮原嵩広など、なんでこんなもの彫るかなあ的なトボケた作品が多くて楽しめた。田中邸のほうは、雲のような盆栽(盆栽のような雲か)を彫った海谷慶、木の台座の上にマックロクロスケを置いた森淳一、細長い棺桶のような木箱をつくった福迫大智、階段を下りるときにしか見られない場所に妖怪みたいな彫刻を置いた大石雪野など、木造家屋の空気を読んだ作品が多い。木彫の概念を更新させる反伝統主義のいい展覧会だ。ずっと続けてほしい。

2015/11/29(日)(村田真)

2015年12月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ