2017年06月15日号
次回7月3日更新予定

artscapeレビュー

横浜発 おもしろい画家 中島清之─日本画の迷宮

2015年12月15日号

twitterでつぶやく

会期:2015/11/03~2016/01/11

横浜美術館[神奈川県]

若い時に関東大震災後の横浜風景なども描いた画家である。日本画ながら、戦後はアンフォルメルに影響を受けたり、抽象や幾何学も試したり、ちあきなおみを題材にするなど、さまざまな方法をどん欲に探求した。また建築の絵は歪んだ線が特徴である。ほかにカプリッチョ風の銀座の描写も興味深い。横浜美術館の常設では、写真セクションにおいて、コムデギャルソン/川久保玲が1980年代から90年頃までに手がけた椅子や家具と、店舗で紹介してきた中平卓馬や清野賀子らの写真を一緒に展示している。貴重な企画だ。やはり、椅子にも独特のデザインのセンスが光る。その椅子に座ることができるコーナーも設けられていた。

2015/11/29(日)(五十嵐太郎)

▲ページの先頭へ

artscapeレビュー /relation/e_00033003.json l 10117626

2015年12月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ