毎月1日、15日号発行の美術館・アート情報をお伝えするWebマガジン(次回5月15日更新予定)

artscapeレビュー

クラーナハ展 500年後の誘惑

2016年12月15日号

twitterでつぶやく

会期:2016/10/15~2017/01/15

国立西洋美術館[東京都]

ドイツのルネサンスの作家だと、イタリアの同時代に比べて華やかさがなく、地味な展示になるかもしれないと思いきや、宗教改革との関係、肖像画家としての活躍、集団による大量生産体制、裸体表現や女性の魔力、そしてピカソ、マルセル・デュシャン、パズーキ、カリンらの近現代美術への影響など、興味深い切り口がいろいろと繰り出される。また、イタリア美術との違いも考えさせられる。

2016/11/02(水)(五十嵐太郎)

▲ページの先頭へ

artscapeレビュー /relation/e_00037036.json l 10130006

2016年12月15日号の
artscapeレビュー

  • RSS配信
  • RSS配信

2017年04月15日号(5月1日合併号)