2017年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

プレビュー:よみがえれ! シーボルトの日本博物館

2017年08月01日号

twitterでつぶやく

会期:2017/08/10~2017/10/10

国立民族学博物館[大阪府]

江戸時代後期に来日した、オランダ商館付のドイツ人医師フィリップ・フランツ・フォン・シーボルト(1796~1866)。彼は禁制の地図を持ち出そうとした「シーボルト事件」で有名だが、当時の日本の自然や文化にまつわる膨大な資料を残したことでも知られている。本展はそのコレクションのうち、ミュンヘン五大陸博物館とブランデンシュタイン=ツェッペリン家(シーボルトの末裔にあたる)が所蔵する資料を通して、彼が建設を夢見ていた「日本博物館」の再現を試みるものだ。シーボルトの日本コレクションといえば、1996年に国立民族学博物館で行なわれた「シーボルト父子のみた日本」が印象深いが、同展はオランダの博物館(ライデンだったかな?)の所蔵品だったはず。約20年ぶりの大規模なシーボルト展、しかもドイツのコレクションがまとまって来日するとあって、筆者の気持ちは早くも高ぶっている。

2017/07/20(木)(小吹隆文)

▲ページの先頭へ

artscapeレビュー /relation/e_00040512.json l 10137685

2017年08月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ