2021年09月15日号
次回10月1日更新予定

artscapeレビュー

STUDIO AFRICA

2013年05月01日号

会期:2013/03/01~2013/05/10

DIESEL ART GALLERY[東京都]

イタリアのファッションブランド・DIESEL創業者のレンツォ・ロッソと、ロックバンドU2のボノ、ボノの妻でありファッションブランドEDUNの設立者アリ・ヒューソンによるコラボレーション・プロジェクト「DIESEL+EDUN」を紹介する展覧会。EDUNは2009年からウガンダ北部に設立したConservation Cotton Initiative(CCI)というプロジェクトで高品質の綿を生産している。DIESELとのコラボレーションでは、CCIで生産された綿を使用し、アフリカのデザインのスタイルを取り入れたデニムのジャケットやパンツを製造している。ものづくりの手段、マーケットを提供し、地域の自立をうながす、持続性のあるプロジェクトと言えよう。ビデオによる解説とプロダクトの展示が中心であるが、それに加えてアフリカで活躍する若手アーティストやジャーナリストが写真とテキストで紹介されている。そのなかでも南アフリカのスラム街で育ったという3人組のフォトグラファー・ユニット「I SEE A DIFFERENT YOU」が、プロジェクトのキャンペーンのためにフィーチャーされている。tumblrでスラム街を背景としたパノラマサイズのセルフ・ポートレートを発表していたという彼らの写真は明るく、お洒落で、ポジティブ。アフリカへの支援活動には、人々の貧困や社会資本の不備を強調して同情を誘うタイプのプロモーションもあろう。しかし高品質の綿を用いたデニム製品の製造と、「I SEE A DIFFERENT YOU」のポジティブな写真は、経済状況からステレオタイプな印象を抱きがちな私たちに、アフリカの多様な可能性を見せてくれる。[新川徳彦]

2013/04/03(水)(SYNK)

2013年05月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ