2021年09月15日号
次回10月1日更新予定

artscapeレビュー

田附勝 写真展「東北」

2013年05月01日号

会期:2013/04/06~2013/04/21

FOIL GALLERY[京都府]

第37回木村伊兵衛写真賞を受賞した「東北」の作品群に、昨年11月に岩手県釜石市で東日本大震災後初めて行なわれた鹿猟を題材にした「その血はまだ赤いのか」を加えた約40点で構成。「東北」は東北の習俗から滲み出る土俗性やアニミズム的パワーが濃密に感じられる作品だが、対象を真正面から見据えた静的な構図が多い。それに対し「その血は~」は狩猟の現場を捉えており、臨場感や時間の推移を意識しているように思われた。東日本大震災以後、同じ場所で同じものを撮っても以前と同じではいられないのだとしたら、田附の東北への関心は今後どこに向かうのだろう。そんなことを考えながら作品を見た。

2013/04/09(火)(小吹隆文)

2013年05月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ