2021年09月15日号
次回10月1日更新予定

artscapeレビュー

超・大河原邦男 展 レジェンド・オブ・メカデザイン

2013年05月01日号

会期:2013/03/23~2013/05/19

兵庫県立美術館[兵庫県]

ファースト・ガンダム世代にもかかわらず、ガンダムをあまり知らない筆者にとって、アニメ界における大河原邦男のステイタスなど知る由もなかった。しかし、本展を見て自分の無知を恥じた。「機動戦士ガンダム」はもちろん、「科学忍者隊ガッチャマン」や「タイムボカン」シリーズも彼の仕事だったとは。何よりも「メカニカルデザイン」という新たな職種を一代でつくり上げた事実がすごい。本展ではそんな彼の業績を、設定資料やポスター原画など約400点で紹介。アニメだからと言ってオタク仕様やエンタテインメント寄りにせず、あくまで美術館の流儀を貫くことで大河原へのリスペクトを示したのは正解だった。展示以外では、図録の出来が素晴らしかった。将来コレクターズアイテムとして高値が付くのではなかろうか。

2013/03/22(金)(小吹隆文)

2013年05月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ