2021年12月01日号
次回12月15日更新予定

artscapeレビュー

第91回ニューヨークADC賞入賞作品展

2013年09月01日号

会期:2013/08/31~2013/11/24

印刷博物館 P&Pギャラリー[東京都]

ニューヨークを拠点として、1920年に創立されたアートディレクターズ・クラブが公募する広告賞の第91回目の受賞作品展。海外からの応募も多数あり、日本の広告関係者にとっても重要な賞のひとつである。昨年まではアド・ミュージアム東京で開催されていたが、今年は印刷博物館P&Pギャラリーに会場を移して開催されている。賞は分野別に七つの部門から構成され、ゴールドキューブ、シルバーキューブ、ブロンズキューブのほか、その年のもっとも革新的な作品にはブラックキューブが与えられる。今回の作品展では、ブラックキューブの2作品を含め49点を展示。会場が印刷博物館ということもあり、展示には受賞作品のなかから紙や印刷に関連した作品の比率が高くなっている。気になった作品は、ガリ版刷りの《2011年手づくりカレンダー》(アイルクリエイティブ)、プリントゴッコによる《白馬村観光局ポスター》(新村則人デザイン事務所)、レーザーカッターで海苔に和の文様を切り抜いた《Design NORI(デザイン海苔)》(I&S BBDO)など、手触りを感じる作品。ロッカールームは受賞作品のひとつ、《マスキングテープ「mt」》で装飾されている。展覧会を担当した印刷博物館の本田真紀子学芸員によれば、パネル展示にとどまることなく、できるかぎり実物で見せられるものを集めたとのことである。ところで、第91回ニューヨークADC賞の受賞決定は1年以上前の2012年4月、受賞作品の制作は2年以上前である。展覧会企画者の都合ではどうにもならないことだとは思うが、作品の鮮度を考えると、このタイムラグがもう少し短くなると良いのだが。[新川徳彦]

2013/08/30(金)(SYNK)

artscapeレビュー /relation/e_00022164.json l 10090341

2013年09月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ