2021年09月15日号
次回10月1日更新予定

artscapeレビュー

ヨコハマトリエンナーレ2014 華氏451の芸術:世界の中心には忘却の海がある

2014年09月01日号

会期:2014/08/01~2014/11/03

横浜美術館、新港ピア[神奈川県]

美術家の森村泰昌がアーティスティック・ディレクターを務めた今回のヨコトリは、その長文の副題だけでなく、作家と作品のセレクトにも大きな特徴があった。ひとつは屋内の展示にほぼ特化したことであり、もうひとつは物故作家も含めたさまざまな時代・世代・傾向の作品を揃えたことである。一見して思ったのは、昨今大流行している地域型アートイベントに見られる、アートを町興しのツールとして扱う風潮、あるいはアートを消費物のように扱う風潮へのアンチテーゼである。しかし、現状批判にばかりとらわれると、森村が掲げたテーマ「忘却」を見失うことになる。森村は、いまの美術界(あるいは世の中)で忘れられがちな、しかし決して忘れてはいけない問題意識を持った作品を取り上げ、その存在を多くの人に気づいて欲しいと思ったのではないか。2つの会場を見終わったとき、そこには森村から観客への切実なメッセージが凝縮しているように感じられた。「アートがアートであり続けるために、見失ってはいけないものがあるはずだ。皆そこに気づいて欲しい」と。

2014/07/31(木)(小吹隆文)

artscapeレビュー /relation/e_00027119.json l 10102313

2014年09月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ