2018年04月15日号
次回5月15日更新予定

artscapeレビュー

カタログ&ブックス|2016年03月

2016年03月15日号

展覧会カタログ、アートにまつわる近刊書籍をアートスケープ編集部が紹介します。

地域アート──美学/制度/日本

編著者:藤田直哉ほか
発行所:堀之内出版
発行日:2016年02月25日
価格:2,500円(税別)
サイズ:四六判、456ページ

現在、日本のあちこちで「地域アート」が盛んです。
現代アートの最先端は、「地域アート」にあると断言することも可能です。 この本は、そこで作られている作品や起こっている現象について、真剣に考察することを目指した本です。第一線で活躍するアーティストや、学者、批評家の方々に参加していただき、現在の日本で隆盛している「地域アート」について、真剣に考察し、討議し、提案しようとするものです。[出版社サイトより]

米軍が見た東京1945 秋──終わりの風景、はじまりの風景

著者:佐藤洋一
発行:洋泉社
発行日:2015年12月09日
価格:2,400円(税別)
サイズ:A5変型、224ページ

著者が冒頭で大島渚の言葉──「敗者は映像を持たない」──を引用するように、終戦前後の日本は日本人自身による写真記録が空白となる時代である。「都市の記憶における空白を埋める」ために編まれた本書は、米軍が1945年に撮影した170点以上の写真によって構成されている。巻末には本書に掲載されている米国立公文書館の所蔵写真ナンバーを収録。

これからの建築士──職能を拡げる17の取り組み

編著者:倉方俊輔、吉良森子、中村勉
発行所:学芸出版社
発行日:2016年03月01日
価格:2,300円(税別)
サイズ:148 × 210mm、192ページ

建築への信頼が問われる今、必要なのは100万人の「建築士」のバージョンアップだ。専門性を活かしながら、新たな領域と関係性をつくり出して活動する17者の取り組みを、本人たちが書き下ろした方法論と、核心を引き出すインタビューによって紹介。日本全国の建築士が今できる取り組みを見つけ、仕事の幅を拡げられる1冊。 [出版社サイトより]

LIXIL BOOKLET 文字の博覧会─旅して集めた“みんぱく”中西コレクション─展

企画:LIXILギャラリー企画委員会
発行所:LIXIL出版
発行日:2016年03月15日
価格:1,500円(税別)
サイズ:B5変型、136ページ

2016年3月17日〜5月27日のあいだLIXILギャラリーで開催している「文字の博覧会─旅して集めた“みんぱく”中西コレクション─展」のブックレット。国立民族学博物館(通称“みんぱく”)に収められたた中西亮氏によるコレクションを中心に、世界のさまざまな文字の魅力を豊富な図版とともに紹介する。言語学者の西尾哲夫氏やアートディレクターの浅葉克己氏、グラフィックデザイナーの永原康史氏らのテキストを収録。

藤幡正樹 Anarchive No.6

著者:藤幡正樹
発行:éditions Anarchive
国内販売:左右社
発行日:2016年
サイズ:215 × 218mm

アンヌ=マリー・デュゲ氏の企画出版シリーズ「Anarchive」による、メディア・アーティスト藤幡正樹氏の作品集。1970年代のアニメーション作品や、CG作品、コンピューターによる彫刻、1990年代以降のインタラクティブ作品、GPSを用いた大型プロジェクトなど、ほぼすべてを網羅。作品に関する論考や資料、作家自身による作品解説などを収録。本書は作家のレトロスペクティブであると当時にメディア・アート史のアーカイヴでもある。さらに、専用アプリ(iOSのみ)を用いて、過去のインスタレーションの3Dモデルを、AR(拡張現実)技術によって体験することができ、テクノロジーとアーカイヴをめぐるこうした試みは藤幡氏の最新作でもある。

リアス・アーク美術館常設展示図録──東日本大震災の記録と津波の災害史

発行:リアス・アーク美術館
編集・デザイン・レイアウト:山内宏泰(リアス・アーク美術館学芸員)
発行日:2015年2月20日(第2版)
サイズ:B5判、176ページ

リアス・アーク美術館は、震災発生直後から約2年のあいだ行なった震災被害記録、調査活動によって約30,000点の写真、被災物約250点を収集。これらの資料は、「東日本大震災をいかに表現するか、地域の未来の為にどう活かしていくか」をテーマとして編集され、2013年4月に常設展示として資料の一部が公開された。本書は被災現場写真108点、被災物61点、その他歴史資料等約30点の写真を掲載し、写真解説、キーワード等のテキストをすべて収録している。 また、同常設展を東京地区で初めて大規模に紹介する展示として、目黒区美術館で「気仙沼と、東日本大震災の記憶」展が3月21日まで開催している。

2016/03/14(月)(artscape編集部)

2016年03月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ