2021年09月15日号
次回10月1日更新予定

artscapeレビュー

須藤絢乃 個展「Roses are red, Violets are blue, Sugar is sweet,And so are you.」

2013年06月01日号

会期:2013/05/01~2013/05/13

つくるビル 202号室[京都府]

少女マンガの登場人物のように理想化された女性像・男性像を、特異な写真表現として具現化する須藤絢乃。作品にはラインストーンやグリッターの装飾も加味されており、濃厚な美意識を完全なものにしている。彼女はこれまでアートフェアや海外での発表が多く、意外なことに個展はこれが初めて。作品数6点と小規模だったが、地元関西で作品を見る機会をつくってくれたことは感謝したい。須藤の作品は先頃、ジョージ・イーストマン・ハウス国際写真美術館の収蔵が決定した。今後ますますインターナショナルな活躍が予想されるので、その意味でも本展は貴重だった。

2013/05/05(日)(小吹隆文)

2013年06月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ