2021年09月15日号
次回10月1日更新予定

artscapeレビュー

富士篤実「LOST LAST BOY」

2013年06月01日号

会期:2013/05/11~2013/05/19

gallery 10:06[大阪府]

写真専門のギャラリーで画家が個展を行なうとあって、頭のなかに疑問符を浮かべながら本展に出かけた。いざギャラリーに到着すると、そこには普段とは一変した展示室が。4つの壁面は巨大な壁画で埋め尽くされ、その一角には約10点のタブローの小品と、壁画のコンセプトや登場人物の詳細を記したメモ書きが展示されていた。壁画をはじめとする作品は、少年の夢を綴ったファンタジーのような趣で、これまでの彼の作品よりメルヘン性が強い。富士は以前からこのような展示を構想していたが、なかなか会場が見つからず、仕事を通じて知り合ったギャラリーのメンバーから同意を得て実現の運びとなった。夢をかなえたアーティストと、快く場所を提供したギャラリーに拍手を送りたい。

2013/05/11(土)(小吹隆文)

2013年06月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ