2021年12月01日号
次回12月15日更新予定

artscapeレビュー

神戸─アジア コンテンポラリーダンス・フェスティバル♯3 Aプログラム

2014年03月01日号

会期:2014/02/15~2014/02/17

Art Theater db Kobe[兵庫県]

アジアと日本で活躍するアーティストの身体表現を紹介する「神戸─アジア コンテンポラリーダンス・フェスティバル♯03」。3回目の今回はコンタクト・ゴンゾの塚原悠也がプログラム・ディレクターを務め、異なるジャンルの複数のアーティストが協働して新作舞台をつくる試みが行なわれた。プログラムは2つの日程に分かれており、筆者が見たAプログラムでは、岡田利規(劇作家、演出家)×曽田朋子(造形作家)×ピチェ・クランチェン(ダンサー、振付家/タイ在住)と、スカイチャーチ(ハードコア・バンド/フィリピン在住)×西光祐輔(写真家)×コンタクト・ゴンゾ(パフォーマンス・グループ)による2つの演目を上演。前者は、現実と夢とその中間を象徴する3人の人物の交流を描いたもので、全編にみなぎる静謐な空気が印象的だった。一方、後者は轟音と喧嘩まがいの肉弾戦が繰り広げられるアッパーなもので、最後は走り回る出演者と観客が共に「どろソース」の歌を合唱し、不思議な連帯感に包まれた。筆者は舞台を見る経験が乏しく、この日も前者の演目を見ながら自分のリテラシー不足を実感した次第。もう少し舞台を見る機会を設けなければ。

2014/02/16(日)(小吹隆文)

2014年03月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ