2021年03月01日号
次回3月15日更新予定

artscapeレビュー

自宅から美術館へ 田中恒子コレクション展

2009年11月01日号

会期:2009/09/08~2009/11/08

和歌山県立近代美術館[和歌山県]

個人コレクターの収集品を一堂に展示する珍しい企画展。住居学者の田中は、最初は生活の質を向上させる手段として美術品の購入を思い立ったそうだ。しかし、ずらりと並んだ作品群は、研究対象よりもライフワークと呼んだ方がふさわしい。収集に際しては作家の知名度や人気よりも自身の好みを優先したらしいが、村上隆や奈良美智、名和晃平の初期作品を購入している事実からも、その上質な審美眼がうかがえる。美術コレクターとして至上の名誉とも言える本展。同好の氏からは、さぞや羨望(嫉妬?)の眼差しを向けられていることだろう。

2009/09/20(日)(小吹隆文)

artscapeレビュー /relation/e_00006081.json l 1209918

2009年11月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ