2018年12月01日号
次回12月17日更新予定

artscapeレビュー

プレビュー:やなぎみわ『ゼロ・アワー 東京ローズ最後のテープ』

2015年06月15日号

会期:2015/07/18~2015/07/19

京都芸術劇場 春秋座[京都府]

やなぎみわが作・演出・美術を手がけた演劇作品「ゼロ・アワー 東京ローズ最後のテープ」。2013年に神奈川芸術劇場とあいちトリエンナーレで上演された後、2015年1~2月にかけて北米ツアーが行なわれ、今回はその凱旋公演となる。「ゼロ・アワー」とは、太平洋戦争中に日本政府が英語で連合国軍向けに発信していたプロパガンダ・ラジオ番組の名称。アナウンサーとして従事していた日系女性の中でも、特に魅力的な声の持ち主は、南太平洋で戦う米兵たちによって「東京ローズ」と呼ばれ人気を博す。本作はこの事実を踏まえつつ、「東京ローズ」の正体をめぐって対立する2人の男性(日本人の録音技師と日系2世の米軍通信兵)のドラマが展開される。
国内では2年振りの再演だが、北米ツアーと同様の演出で、英語での上演(日本語字幕付き)となる。また、キャストを一部入れ替え、ダンサーを採用することで、より身体性の強い演出になるのではと期待される。太平洋戦争終戦から70年という節目、集団的自衛権をめぐる同時代的危機感、またサブタイトルがベケットの戯曲『クラップの最後のテープ』を示唆するように、戦争や国家とメディア、メディアにのった声と身体性、声の操作・複製・拡散、案内嬢の制服をまとったアナウンサーたちが象徴する均質化・匿名化された女性身体、などさまざまなことを問いかける再演となるだろう。

2015/05/31(日)(高嶋慈)

2015年06月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ