寄生獣 完結編:artscapeレビュー|美術館・アート情報 artscape

2018年08月01日号
次回9月3日更新予定

artscapeレビュー

寄生獣 完結編

2015年06月15日号

映画『寄生獣 完結編』は、前編よりもよかった。人間に巣くう侵略者の説明がすでに終わっており、ひるがえって、人間とは何かを問う内容が多いからだろう。人間の方が地球にとっての「寄生獣」という認識さえ示される。そして、後編の主役になっていた深津絵里の怪演! が印象深い(特に赤ん坊をあやす、彼女の笑い)。ところで、コンクリート打放しの現代建築が、非人間たちの根城になっている。やはり、こういう空間は感情がない、冷たいイメージがあるということなのだろう。

2015/05/01(金)(五十嵐太郎)

2015年06月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ