異国の面影─横濱外国人居留地1895─迷いこんだのは、120年前の地図の中:artscapeレビュー|美術館・アート情報 artscape

2018年08月01日号
次回9月3日更新予定

artscapeレビュー

異国の面影─横濱外国人居留地1895─迷いこんだのは、120年前の地図の中

2015年06月15日号

会期:2015/04/22~2015/07/12

横浜開港資料館[神奈川県]

横浜開港資料館にて、「異国の面影 横浜外国人居留地1895」展を見る。120年前の地図の中に迷い込んだという設定で、当時の街並みを詳細に紹介する好企画だ。英文によって個別の建物の構造や階数を詳細に記した、昔の地図が興味深い。いまでもアジアの都市だと、こういう近代のヨーロッパ的な風景が残っているところは少なくない。だが、改めて横浜は、震災、戦災、そして戦後の開発でそういった風景を完全に失ったことを痛感する。

2015/05/02(土)(五十嵐太郎)

artscapeレビュー /relation/e_00030494.json l 10112048

2015年06月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ