2018年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

建畠晢 退任記念展「ポエトリー/アート」

2015年06月15日号

会期:2015/03/07~2015/05/10

京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA 2[京都府]

京都芸大学長を務めた建畠さんの退任記念展。ついでだから見てやるか。画家の小島千雪との詩画のコラボレーション、建畠自身による映像と彫刻、手を載せてみると温かさが伝わってくる詩集『温度詩』など、詩人でもあり美術評論家でもある建畠さんらしい作品が並ぶ。彫刻は白い台座に白い棒を1本、2本、3本と立てたものが計6点あって、なにか近代彫刻の原点を見るような思いがする。そういえば彼は父も兄も彫刻家だったっけ。「こうした試みがすべて“詩”という言葉で語られるような視野があってほしい」と建畠は記している。ならばタイトルは「ポエトリー>アート」か?

2015/05/08(金)(村田真)

2015年06月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ