2018年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

2016年07月15日号のレビュー/プレビュー

黒川紀章/黒川紀章建築都市設計事務所《道後舘》

[愛媛県]

竣工:1989年

道後温泉エリアへ。135段を登って、相の間をもつ八幡造の伊佐爾波神社に寄り、本館の風呂で汗を流してから、黒川紀章による《道後舘》を見学した。雅叙園をおとなしくしたような和風ポストモダンである。レジデンスで滞在した山口晃が、道後エトランゼマップを制作し、向かいの建物の壁のひびを富士山に見立てるなど、彼らしいおもしろスポットを紹介しており、この私的な迷所ガイドを手に散策を続けた。

写真:左=上から2つ伊佐爾波神社、《道後舘》、道後温泉本館 右=上から、伊佐爾波神社、中2つ《道後舘》、道後温泉本館

2016/06/19(日)(五十嵐太郎)

佐藤香菜展「透明な境界線」

会期:2016/05/27~2016/06/24

第一生命ギャラリー[東京都]

鹿、馬、ヤギなどの動物と植物のコラージュ的な組み合わせ。背景描写はほとんどないので日本画的でもある。ところどころ絵具をベッタリ塗ったり滴らせたり、あるいは花や身体の一部を刺繍で表現したり。と書いて、最近こういうの多いなあとあらためて思う。背景描写を省いた日本画的空間、全体に薄めで局所的に絵具をこってり盛り上げるテクスチャー、画面の一部に施される刺繍など。でもこれらをすべて盛り込んでる例は珍しい。工芸的になりそうなのにならないのはそのせいかも。

2016/06/20(月)(村田真)

古代ギリシャ─時空を超えた旅─

会期:2016/06/21~2016/09/19

東京国立博物館[東京都]

史上最初にして最強の美を生み出した古代ギリシャの展覧会。なのにミロのヴィーナスもなければ、サモトラケのニケもない。もちろんパルテノン神殿を飾っていた大理石彫刻群も来てない。それらはみーんな列強が持っていってしまった。だから今回はギリシャ国内の美術館・博物館が所蔵する、残りものには福がある展覧会なのだ。構成は「古代ギリシャ世界のはじまり」から、「幾何学様式~アルカイック時代」「クラシック時代」「古代オリンピック」、そして「ヘレニズムとローマ」までの8章立て。初めのほうは壷や装身具のような小物や、ヘンリー・ムーアみたいな人物像が多くていささか退屈だが、やがてフレスコ画やモザイク画が現れ、壷絵もより精巧になり、華やかな金細工も増え、人物像も徐々にリアルになってくる。「古代オリンピック」に1章が割かれているのは、なぜいま東京で「古代ギリシャ」展が開かれるのかの答えになっている。つまり今年がオリンピックイヤーだからであり、東京が次の開催都市であるからだ。

2016/06/20(月)(村田真)

artscapeレビュー /relation/e_00035909.json s 10125402

松村正恒《八幡浜市立日土小学校》ほか

[愛媛県]

竣工:1958年

松村正恒の建築を見学する。松山市内のRC造の《キクノ本社ビル》(補修のせいか、半世紀も前のものとは思えない)、そして雨の降るなか、八幡浜に向かい、木造校舎の《川之内小学校》を見て、代表作の《日土小学校》はじっくりと校内の各部屋もまわる。確かに一度訪れると、ファンになる奇跡のモダニズム。プランだけを見ると、一直線の片廊下でシンプルだが、現物は光と風をコントロールする巧みな断面の操作を行なう。川辺に張り出したテラスからは本体の姿を鑑賞できる。伝統的な木造建築は上部から採光しなかったが、《日土小学校》は近代的なセンスで試みた。もともと木と鉄のハイブリッド構造だが、丁寧に補強し、透明感を損なわないどころか増している。西校舎は武智和臣による新築で、日土のスピリットを継承しつつ、現代的にデザインを展開した開放感と透明感のある木造の校舎だ。
内子に向かう途中、大洲市内にて少彦名神社の参籠殿を見学する。急傾斜に建つ超懸造と言うべき建築だ。近年、アメリカのワールドモニュメント財団から資金援助を受けて、修復したらしい。

写真:左上=《キクノ本社ビル》 右上・中上=《日土小学校》、中下=武智和臣による《日土小学校》西校舎 下=少彦名神社参籠殿

2016/06/20(月)(五十嵐太郎)

《内子座》ほか

[愛媛県]

内子はきれいによく残された古い街並みだった。しかもあまり博物館化せず、生活の場として機能している。JIAの大会でも使われたという《内子座》へ。明治村に移築された呉服座や琴平の金丸座などと同じタイプの芝居小屋である。「なかなか遺産」に認定された映画館の旭館もいい味を出している。ここにも地元のコミュニティの核となる映画『ASAHIZA』のような映画館はあった。内子はかつて和ローソクで栄えた町であり、木蝋資料館・上芳我邸はベンガラ色の屋敷(2階は途中まで完成の不思議な空間)と従業員の炊事場や作業場、生産過程の展示などを見学できる。日建設計が修復を担当したらしい。襖の後に鉄骨を隠したり、黒色で存在感を消すなど、構造の補強を工夫している。

写真:左=上から、旭館、上芳我邸、内子座、大森和蝋燭屋 右=上から、上芳我邸、街並み、内子座、上芳我邸

2016/06/20(月)(五十嵐太郎)

2016年07月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ