「悪夢のどりかむ:アニメ・エクスプレッショニスト・ペインティング」展:artscapeレビュー|美術館・アート情報 artscape

2018年08月01日号
次回9月3日更新予定

artscapeレビュー

「悪夢のどりかむ:アニメ・エクスプレッショニスト・ペインティング」展

2012年07月15日号

会期:2012/05/26~2012/06/21

Kaikai Kiki Gallery[東京都]

カイカイキキ主宰者の村上隆みずからがキュレーターを務める渾身の企画展、いろんな意味でとても刺激的だった。これは村上の長年の課題である「おたくと現代美術をどのように融合させ、西欧式現代美術の世界へ軟着陸させ、普遍性を持たせるか」へのひとつの解答と見ることができる。つまり、アニメやマンガなどのオタク文化と、美術の王道であるペインティングを接合すること。いいかえれば、日本的コンテンツを西洋的形式に着地させること。10年前だったら荒唐無稽と一笑に付されていたであろうこんな課題も、いまなら少しは現実味を帯びて迫ってくる(それも村上の孤軍奮闘によるものだ)。出品作家は6人で、まさに「アニメ・ペインティング」と呼ぶしかない作品が開陳されている。でも成功しているかというとそうでもなくて、たとえばMr.はコンテンツ(オタク的図像)に重心が傾いて絵画的にはどうかと思うし、JNTHEDはただ図像を巨大化しただけでサイズの意識が希薄だ。オタク的にも絵画的にも成功しているのは、いやそうではなく、内容と形式がうまくかみ合っているのは、最年少のおぐちだ。色彩こそ抑制されているものの、そのペインタリーな線描や正確無比の形態把握は、水と油のようなふたつの世界を見事に架橋しているように見えた。しかしこんなのが世界のアートマーケットを席巻する日が来るのかなあ。

2012/06/19(火)(村田真)

2012年07月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ