2018年01月15日号
次回2月1日更新予定

artscapeレビュー

リボーンアート・フェスティバル2017 その5(石巻市街地)

2017年09月15日号

会期:2017/07/22~2017/09/10

宮城県石巻市ほか[宮城県]

市街地に戻り、つい1カ月前まで営業していたポルノ映画館を舞台にしたカオス*ラウンジとハスラー・アキラの作品へ。劇場の歴史や津波の記憶に迫る力業の空間インスタレーションやVR体験もあるが、一瞬どこまでオリジナルでどこまでが介入した作品かわからない部分も興味深く、作家との相性がよい会場である。最後は19時を待って、中瀬のカールステン・ニコライの作品へ。レザーを宙に向かって放ち、細い糸のような線がどこまでも高く高く伸びていくような視覚体験だった。まわりでは普通に釣りをしている人も多く、リボーンを認識していない彼らからは宇宙と交信し、UFOを呼び寄せていると思われたかもしれない。もっとも、石巻の市街地では驚くほど数多くのリボーンの幟やポスターがあって、大都市・名古屋でいくらあいちトリエンナーレががんばっても、この密度感は出せないだろう。音楽フェスからアートに人が流れるか(暑いのに無理して多く体験するのは似ているが)、今後の継続開催など、行方と展開が興味深い。

写真:上4枚=カオス*ラウンジ《地球をしばらく止めてくれ、ぼくはゆっくり映画をみたい。》、ハスラー・アキラ《私たちは互いの勇気になろう》 下2枚=カールステン・ニコライ《石巻のためのstring(糸)》

2017/07/26(水)(五十嵐太郎)

2017年09月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ