2018年09月15日号
次回10月1日更新予定

artscapeレビュー

《ナガサキピースミュージアム》《旧香港上海銀行長崎支店記念館》

2017年09月15日号

[長崎県]

古市徹雄が設計した《ナガサキピースミュージアム》は、三角形のコンクリートのヴォリュームをもつ。アプローチは水に反射する光が美しい。ギャラリーは小さいが、大胆に扉を開けることができ、外部のステージと一体になる仕掛けだった。上部はオフィス兼物置である。訪問したときは、原爆による被災物を3Dスキャンした作品を展示していた。ちょうど巨大な客船が横に係留していただけに、ピースミュージアムの小ささが際立つ。そのはす向かいには、辰野と確執が伝えられる下田菊太郎の《旧香港上海銀行長崎支店記念館》が建つ。列柱の外観はマッシブ、内部はトップライトや繊細な部屋もある。港湾都市として近代に栄えた小樽でも、明治時代の銀行やオフィスが残っているが、貴重な近代建築だ。
上、右下=《ナガサキピースミュージアム》 左下2枚=《旧香港上海銀行長崎支店記念館》

2017/07/17(月)(五十嵐太郎)

2017年09月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ