2022年05月15日号
次回6月1日更新予定

artscapeレビュー

吉川直哉 展

2010年11月01日号

会期:2010/10/12~2010/10/31

ギャラリーアーティスロング[京都府]

ロバート・キャパ、ユージン・スミス、アンセル・アダムス、アンリ・カルティエ=ブレッソン、ニセフォール・ニエプスという、写真史上の巨匠の作品を、独自の解釈で複写した作品。巨匠たちがシャッターを押す瞬間の、視覚、意識、フレーミングを追体験しようとする試みだ。方法は複写だが、意識の上では模写に近いという。どの作品もストレートな複写ではなく、吉川の解釈や諧謔が込められた変則的な仕上がりになっており、ニエプスを題材にした作品に至ってはフォトアニメで仕上げられている。凝った仕掛けがそこかしこに散りばめられており、写真史をある程度把握している人なら、思わずほくそ笑んでしまうだろう。

2010/10/14(木)(小吹隆文)

2010年11月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ