2022年07月01日号
次回7月15日更新予定

artscapeレビュー

風間サチコ個展「平成博2010」

2010年11月01日号

会期:2010/10/07~2010/11/27

無人島プロダクション[東京都]

風間サチコの新作展。「ふるさと創生館」や「バブル館」など、架空の博覧会によって平成という時代を回顧する設定で、比較的小さな版画作品9点を発表した。ワールドトレードセンターの屋上で下半身を靴の中に納めながらプレッツェルをほおばるブッシュや、歴代総理大臣の顔をぶら下げた観覧車など、風間ならではのアイロニーが小気味よい。さらに今回の白眉が、風間が個人的にコレクションしてきたという万国博覧会の記念絵葉書。会場内の障子に貼りつけられた無数の絵葉書の一つひとつが、じつにおもしろい。国家の栄華を象徴するパビリオンの数々は、どれも奇妙奇天烈であり、これらの建築が実在していたことに眼を疑うほどだ。けれども、現在の都市建築も、未来の視点から見れば、同じように滑稽なのかもしれない。絵葉書というメディアが伝える戦前戦中の歴史と、版画というメディアが伝える平成の歴史のはざまで、来場者は歴史の幅と厚みを体感することができたわけだ。無名の作り手によってつくられ、無名の大衆によって楽しまれてきた絵葉書という限界芸術を、みずからの美術作品と同列に並べて発表する風間の心意気もあっぱれである。

2010/10/09(土)(福住廉)

2010年11月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ