2022年09月15日号
次回10月3日更新予定

artscapeレビュー

第3回写真「1_WALL」

2010年11月01日号

会期:2010/09/21~2010/10/14

GUARDIAN GARDEN[東京都]

かつての「ひとつぼ展」をリニューアルした公募展。2回にわたるポートフォリオの審査をくぐり抜けた6名の写真家がそれぞれ作品を展示したが、会期中に催された公開審査でその中からグランプリが決定した。画期的だったのは、会場にその公開審査の様子を記録した映像が発表されていたこと。審査員による厳しい質問や突っ込み、写真家による応答や主張などのやりとりが生々しい。注目したのは、いしかわみちこ。痴漢の被害者になってしまった自分を題材にして、警察の取調べを文字で再現しながら、当時の状況を再現する写真などを発表した。ストロボによって闇夜に浮かぶ身体の部位、ブルーシートの上に置かれた衣服などが、事件の恐怖を物語っているように見える。けれども同時に、そこには被写体となったモノをモノとして突き放したような視線も垣間見られたので、もしかしたら写真というモノによって事件というコトを相対化しようとしていたのかもしれない。こうした暗い写真が90年代以後のガーリーな写真の文字どおりネガであることはまちがいないし、審美的なフィルターを通すことなくあくまでも即物的に日常をとらえ直すことを考えれば、暗闇の中に夢幻的な光景を写し出す、たとえば高木こずえや志賀理江子など昨今の写真とも異なる、いしかわならではの写真であることがわかる。残念ながらグランプリは逃したが、いしかわの作品こそ新しい写真として評価したい。ただし、会場の壁面に家の扉を設けるなど、空間インスタレーションとして見せたかったようだが、空間に制約のあるグループ展という性格上、その効果は半減してしまっていた。機会を改めて、空間を存分に使い倒した展示を見てみたい。

2010/10/14(木)(福住廉)

artscapeレビュー /relation/e_00010583.json l 1223869

2010年11月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ