毎月1日、15日号発行の美術館・アート情報をお伝えするWebマガジン(次回5月15日更新予定)

artscapeレビュー

青木野枝

2012年05月01日号

twitterでつぶやく

会期:2012/03/01~2012/04/01

Gallery 21yo-j[東京都]

青木野枝といえば、重量感のある彫刻とは対照的に、軽やかで繊細、流れるような彫刻で知られているが、今回発表された新作も、その特徴を存分に活かしながら空間と調和させていた。天窓から外光が差し込んでくる広い空間に展示されたのは、円を指先で持ち上げたような形状の鉄彫刻。そのセットがいくつも空間を埋め尽くしていたが、密度が高いにもかかわらず、抜けたような浮遊感がある。水面に浮かぶ蓮を水底から見上げているような感覚が、いつまでも続いてほしいと思わずにはいられない作品である。

2012/04/01(日)(福住廉)

▲ページの先頭へ

2012年05月01日号の
artscapeレビュー

  • RSS配信
  • RSS配信

2017年04月15日号(5月1日合併号)