毎月1日、15日号発行の美術館・アート情報をお伝えするWebマガジン(次回5月15日更新予定)

artscapeレビュー

臼田知菜美 ちなみっくす展~愛♥のミックスジュース~

2012年05月01日号

twitterでつぶやく

会期:2012/04/20~2012/04/22

素人の乱12号店[東京都]

臼田知菜美はエコノミーを追究するアーティストである。といっても金儲けの話ではない。むしろ金がないことを前提としたうえで、いかに他者との関係性を築き上げ、そのなかで事物を流通させ、そのことによって新たな価値を生み出すことができるのかという点を、アートという手段を利用して考えようとしているのだ。きわめて今日的なアートだと言える。
トイレットペーパーやタバコを他人から貰い受け、それらを展覧会場で来場者に提供する映像作品は、必要な物資を貰い受けている。一方、今回新たに発表された、ハートマークを入れた一円玉を見ず知らずの通行人に「落としましたよ」と一方的に分け与える映像作品は、逆に譲り渡している。双方に通底しているのは、いずれの作品も「貨幣」ではなく「贈与」を軸にした最小限のエコノミーを実践していることだ。
貨幣経済のゆがみを是正することがますます難しくなっている現在、臼田が提案しているエコノミーのありようを、たんなる突撃系のパフォーマンス作品として片付けることはもはやできない。むしろ私たちの未来を先取りした、きわめて先駆的な作品として理解するべきである。
ただし、一円玉を受け取った男性の多くが狼狽していたように、臼田からの贈与に私たちが応えることができないうちは、残念ながら理想的な未来社会が実現されたと言うことはできない。つまり、賽は、臼田によって投げられた。あとは、私たち自身がどう動くかにかかっている。

2012/04/20(金)(福住廉)

▲ページの先頭へ

2012年05月01日号の
artscapeレビュー

  • RSS配信
  • RSS配信

2017年04月15日号(5月1日合併号)