2018年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

中山明日香「empirical garden」

2011年05月15日号

会期:2011/03/01~2011/03/29

INAXギャラリー[東京都]

京都市立芸術大学の大学院に在籍中の中山明日香の個展。会場の壁面いっぱいに4枚の大きな油彩作品が展示されていた。鮮やかなピンクやブルーなどの色彩と、日常的風景のなかに描かれた肉の塊やブラジャーなどのモチーフのインパクトが強烈。一見、描かれた風景や室内の様子が幻想的で美しいのだが、その奇妙な光景は、暴力的なイメージも連想させて一抹の不安を煽るような不穏な気配。ただ、じわじわと喜怒哀楽のさまざまな記憶やイメージをひとつの世界にあぶり出していく物語の余韻を残して、他の作品にも興味がそそられる個展だった。今後も楽しみだ。

2011/03/30(水)(酒井千穂)

2011年05月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ