2018年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

MAM PROJECT 014:田口行弘

2011年05月15日号

会期:2011/03/26~2011/08/28

森美術館ギャラリー1[東京都]

ギャラリーは無惨にも壁が破壊され、向こうが丸見え。その解体した建材で椅子や小屋がつくられ、なにか工事現場のように活気があって楽しい。ビデオを見ると、数枚の板が外に出てあっちこっち移動するさまをアニメ化していて笑える。その板もこの壁をはがしたものらしい。反対側の壁には鉛筆や水彩でラフに描かれたスケッチが数百枚びっしり貼られている。これを見ると相当の才能であることがわかる。「フレンチ・ウィンドウ展」に放り込んでもヒルシュホーンと1、2位を争うほどの実力であることは間違いない。帰りにショップに寄ったら建材の破片に絵を描いたものを売っていたので、迷わず買った。

2011/04/12(火)(村田真)

2011年05月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ