台北の設計事務所、施設訪問:artscapeレビュー|美術館・アート情報 artscape

2018年08月01日号
次回9月3日更新予定

artscapeレビュー

台北の設計事務所、施設訪問

2011年05月15日号

会期:2011/04/11

LEAD DAO(利道科技工程公司簡介)、H2R architects、ルメリディアン台北ホテル[台湾台北市]

豊田啓介が率いるNOIZ ARCHITECTS のChunwei Lee の案内により、半日、台北をまわった。最初は、構造、環境、設備、施工に関連して、デジタル技術の側面からコンサルティングとサポートを行なう事務所、Lead Dao(利道)を訪問した。もともとは工業製品の仕事を行なっていたが、伊東による台中のオペラハウスと高雄のスタジアム、高松伸やロジャースによる高雄の地下鉄駅、メカノの作品など、複雑な造形の建築プロジェクトにおいて、大きな役割を果たしている。
続いて、淡江大学のインキュベーション施設に拠点をおく、H2Rのメンバーと会う。元OMAの白井宏昌、スティーブン・ホール事務所出身の平原英樹、台湾の張容豪による国際的な若手ユニットで、大きなプロジェクトのプレゼンテーションの直前だった。最後は、台北のメリディアン・ホテルへ。大量の現代アートを展示し、へたな美術館よりも多い。一階にはNOIZ ARCHITECTSが手がけた、紙によるランダムなハニカム構造のアート作品を置く。また同ホテルにおいて、彼らはインテリアデザインとして、見る角度によって波形が変わる新しいシャンデリアも手がけている。

2011/04/11(月)(五十嵐太郎)

2011年05月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ