2018年05月15日号
次回6月1日更新予定

artscapeレビュー

小林孝一郎 展「白とよこは、縦」

2011年05月15日号

会期:2011/04/01~2011/04/21

竜宮美術旅館[神奈川県]

久々にわくわくする新人の個展に出会った。アフロアメリカンのポートレートを白い絵具で描いたり、凹凸のある白い壁に凹凸のある白い絵を掛けたり、ウミガメ(剥製)の甲羅にウミガメの甲羅模様を描いたり、チャブ台にチャブ台の表面の大理石(?)模様を描いて壁に掛けたりと、同義反復的なことをやっている。ウミガメを使うのは会場が「竜宮」だからというだけでなく、かつてカメの甲羅は吉凶を読みとるための視覚メディアでもあったからだろう。また、チャブ台は英語でテーブルだが、テーブルの語源は「タブロー」と同じなので、この作品はタブローの上にタブローを描いた「純粋タブロー」といえなくもない。フォーマリズムの盲点を突くような作品。でも売るのは難しそう。

2011/04/02(土)(村田真)

2011年05月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ