ヘンリー・ダーガー展:artscapeレビュー|美術館・アート情報 artscape

2018年08月01日号
次回9月3日更新予定

artscapeレビュー

ヘンリー・ダーガー展

2011年05月15日号

会期:2011/04/23~2011/05/15

ラフォーレミュージアム原宿[東京都]

ワタリウム、原美術館とわりとファッショナブルな美術館で4、5年にいちど開かれるダーガー展。今回はラフォーレミュージアムでの開催だ。ダーガーはいまや若者のファッションか。導入部ではまずダーガーの生い立ちやエピソードなどがパネルで紹介されている。家族も友人もなく、人知れず半世紀にわたり破天荒な超長編絵物語《非現実の王国で》を書き続け、孤独のうちに死んだという事実を刷り込まれたうえで作品を見てもらおうという仕掛け。展示は順路もなく、仮設壁が迷路のように入り組んでいて、この希代の絵物語の紹介にはふさわしい。もっともこれらの絵の大半は大きな横長の紙の表裏に描かれているので、両側から見るには仮設壁を多用するしかないという事情もあるが。いずれにせよ展示されてる絵より、その絵を描いた(描かざるをえなかった)ヘンリー・ダーガーその人とその行為が圧倒的な重みをもつ。

2011/04/29(金)(村田真)

2011年05月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ