2017年06月15日号
次回7月3日更新予定

artscapeレビュー

蕭白ショック!!──曾我蕭白と京の画家たち

2012年05月15日号

twitterでつぶやく

会期:2012/04/10~2012/05/20

千葉市美術館[千葉県]

蕭白とその周辺の若冲、大雅、応挙らの作品を集めたもの。東博の「ボストン美術館展」では蕭白が目玉のひとつになっているので、それに合わせた便乗企画か。ほおあるある、《柳下鬼女図屏風》に《林和靖図屏風》に《寒山拾得図屏風》に《雪山童子図》……。やっぱり蕭白はすごい、キチガイだと思いながら出口に来て、でもなにか物足りないなあと考えてみたら、《群仙図屏風》がなかったことに気づいた。しまった見逃したと思って出品目録を見ると、会期後半にしか展示されないらしい。目録によれば全期間を通じて展示される作品は1割にも満たず、大半が会期中に展示替えされるそうだ。もういちど見に来いってか?

2012/04/10(火)(村田真)

▲ページの先頭へ

artscapeレビュー /relation/e_00017159.json l 10029903

2012年05月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ