毎月1日、15日号発行の美術館・アート情報をお伝えするWebマガジン(次回4月3日更新予定)

artscapeレビュー

塩田千春──存在のあり方

2012年05月15日号

twitterでつぶやく

会期:2012/03/08~2012/04/21

ケンジタキギャラリー東京[東京都]

天井からクモの巣のように黒いヒモのネットを垂らし、その下に黒く細い鉄棒でつくられマネキンのような女体彫刻が横たわっている。ネットの結び目からは黒いヒモが垂れ、女体彫刻の心臓部には細い鉄棒が何本か突き刺さっている。ネットから垂れたヒモが落下して女体に刺さったようなかっこうだ。これを、天から降ってくる“黒い雨”に打たれて倒れた人間と見るのはうがちすぎか。いずれにせよ、なにか恐ろしげな物語を可視化したようなインスタレーション。

2012/04/20(金)(村田真)

▲ページの先頭へ

2012年05月15日号の
artscapeレビュー

  • RSS配信
  • RSS配信

2017年03月15日号