2017年09月15日号
次回10月2日更新予定

artscapeレビュー

大小島真木 個展「獣たちの声は精霊の声となり、カヌムンは雨を降らし、人びとは土地を耕した。」

2012年05月15日号

twitterでつぶやく

会期:2012/04/07~2012/04/29

island MEDIUM[東京都]

アンリ・ルソーが描いたような南国の濃密な空気が漂うDMに吸い寄せられて見に行ったら、ギャラリーは3331内の向かいの小さな部屋に引っ越していた。その小さな展示室に作品がところ狭しと飾ってあり、濃密感は十分。描かれているのは、タイトルにも謳われているとおり、森のなかに精霊たちがウヨウヨいて、人間と獣とのあいだに境界線がなく、ということは人間がまだ自然のなかにすっぽり包まれていたプリミティブな世界らしい。そんな世界が好きだから濃密な絵になったのか、濃密な絵を描いていたからそんな世界に入り込んだのか。ともあれ絵の内容と形式は一致している。

2012/04/27(金)(村田真)

▲ページの先頭へ

2012年05月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ