2017年06月15日号
次回7月3日更新予定

artscapeレビュー

ユベール・ロベール─時間の庭

2012年05月15日号

twitterでつぶやく

会期:2012/03/06~2012/05/20

国立西洋美術館[東京都]

まず日本において、ユベール・ロベール展が開催されたことが感慨深い。18世紀の廃墟趣味に感化されつつ、そこに当時の人々のふるまいを添え、自ら絵のような造園も行なった画家である。時間の想像力を付与した世界の表現は、まさに「時間の庭」というタイトルどおりの内容だろう。大友克洋やF. Schuitenの建築的な絵、あるいは廃墟の表現が好きな人にも、おすすめの内容である。

2012/04/06(金)(五十嵐太郎)

▲ページの先頭へ

artscapeレビュー /relation/e_00016569.json l 10029973

2012年05月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ