2017年09月15日号
次回10月2日更新予定

artscapeレビュー

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト ドン・ジョヴァンニ

2012年05月15日号

twitterでつぶやく

新国立劇場[東京都]

会期:2012/04/19,22,24,27,29
筆者が芸術監督を務める、あいちトリエンナーレ2013のオペラ『蝶々夫人』の演出をお願いしている田尾下哲(東京大学の建築出身)が、アサガロフ演出『ドン・ジョヴァンニ』の再演の演出を担当している。ここでは物語の舞台をヴェネチアに設定し、やはり建築的なセットを楽しめる(ヴェネチアだと、二幕の森や墓はなさそうだが、言うまでもなく、オペラの舞台とは、そうしたリアル描写が目的ではない)。粗筋だけをたどると、希代のプレイボーイが地獄に堕ちるというベタな勧善懲悪にも見えるが、モーツァルトの音楽とメインキャストたちの歌と演技によって、別の意味や奥行きが与えられるのが『ドン・ジョヴァンニ』の面白いところ。長い歴史があるだけに、パフォーミング・アーツとして完成されている。終演後、バックステージツアーに参加することができた。オーケストラ・ピットの解説を聞いたり、国内で最大級の四面舞台の上を歩くのはもちろん、いま見たばかりのステージ・セットを間近に見学できるのは、なんとも贅沢な体験である。熱心にさまざまなエピソードや苦労話を伝える舞台監督の斉藤美穂の解説も、とてもおもしろいものだった。

2012/04/22(日)(五十嵐太郎)

▲ページの先頭へ

2012年05月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ