2024年02月15日号
次回3月1日更新予定

artscapeレビュー

プレビュー:康本雅子『絶交わる子、ポンッ』/五反田団『宮本武蔵』/柴幸男(ままごと)『朝がある』

2012年06月01日号

今月は公演が盛りだくさん。迷いますがマストは康本雅子『絶交わる子、ポンッ』(2012年6月28日〜7月1日@シアタートラム)。先日NHK『課外授業ようこそ先輩』にも出演していた彼女のじつに4年ぶりの単独公演。00年代に日本のコンテンポラリー・ダンスが意気揚々と誇示していた〈ポップで、ひねりが利いていて、リアルなダンス〉を、いまどんなかたちで展開してくれるのだろうか、期待が膨らむ。タイトルがまた康本らしい! 演劇では五反田団の『宮本武蔵』(2012年6月8日〜17日@三鷹市芸術文化ホール星のホール)が見たくてたまらない。「剣豪演劇」などと自称しているが、きっとふざけている。本番の舞台でふざけるという、よく考えるとなかなか大胆で自由で演劇批評的なことを前田司郎はやってのける。同じホールでは柴幸男(ままごと)の新作『朝がある』も行なわれる予定(2012年6月29日〜7月8日@三鷹市芸術文化ホール星のホール)。これは三鷹市の偉人「太宰治作品をモチーフにした演劇」という企画の第9回として柴が招かれて実現するもの。しかも柴が今回とりあげるのは女の子の1人語りがいま読んでも十分リアルな『女生徒』! これは、楽しみだ。

ままごと『朝がある』イメージビデオ

2012/06/01(金)(木村覚)

2012年06月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ