2022年12月01日号
次回12月15日更新予定

artscapeレビュー

永井一正『つくることば いきることば』

2013年03月01日号

発行日:2012年3月

著者:永井一正
出版社:六耀社
発行日:2012年3月
価格:1,500円+税
判型:A5変型、200頁

永井一正の銅版画に、彼自身の覚え書きとポエムをひとつにした詩画集。永井一正といえば、1960年に日本デザインセンターの創設に参加し、札幌冬季オリンピックをはじめ、数々の企業のCIやマーク、ポスターを手がけてきた、日本を代表するグラフィックデザイナーの一人である。1980年代後半から動植物をモチーフとした「LIFE」シリーズのポスターを展開し、2003年から銅版画へと発展する。本書は命をテーマにした銅版画集『生命のうた』(2007)をベースに新作版画とことばを大幅に加えたものだという。とても短いことばなのに、その深さと力強さには心を打たれる。創作者としての長い経験と命の尊さへの思いが凝縮されているからだろう。さらに不思議な鳥や魚、花たちに話しかけられているような独特な雰囲気も魅力的な一冊である。
--
わたしが描く動物が人間みたいな目をしているのは、
人間と対等なものとして存在するからということ。
生きものを描くことで
わたし自身が生きる勇気をもらっている。
(永井一正『つくることば いきることば』26-28頁)
--
[金相美]

2013/03/01(金)(SYNK)

2013年03月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ