2022年08月01日号
次回9月1日更新予定

artscapeレビュー

高田光治 展

2013年03月01日号

会期:2013/01/15~2013/01/31

ギャラリー風[大阪府]

以前見た高田の作品は平面で、作品の表面をレースの布で覆ったものだった。ところが今回の作品はまったく別物。野山で採集したキノコ、粘菌、種子、植物、昆虫などが標本よろしくスポンジ製の台座に設置され、全長2~3メートルの船型立体の上にずらりと並べられていたのだ。まるでノアの方舟である。また、平面、立体、ケース型の作品なども展示されていた。聞くところによると、作家は勤務地の美大近辺の山々で、長年にわたり採集を続けてきたという。なるほど、過去の作品にもこうした生命への関心がベースにあったのか。それにしても、この方舟の魅力的なことと言ったら。事前に内容を知らずに出かけたので、感動もひとしおだった。

2013/01/22(火)(小吹隆文)

2013年03月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ