2019年08月01日号
次回9月2日更新予定

artscapeレビュー

プレビュー:KYOTO GRAPHIE international photography festival

2013年04月01日号

会期:2013/04/13~2013/05/06

高台寺塔頭 圓徳院、京都文化博物館 別館、大西清右衛門美術館、有斐斎 弘道館、西行庵、誉田屋源兵衛 黒蔵、アンスティチュ・フランセ関西、ARTZONE、虎屋京都ギャラリー、ASPHODEL/富美代、二条城二の丸御殿台所、ハイアットリージェンシー京都[京都府]

京都市内の観光名所や寺院、町家、博物館、画廊など12カ所を会場に、国内外のアーティストたちが写真展を開催。高台寺×細江英公、西行庵×高谷史郎など、組み合わせの妙に興味が募る。個展以外にも、アルル国立高等写真学校の学生たちのグループ展や、ハッセルブラッド・マスター・アワード2012年受賞作品展、幕末から明治初頭の日本を捉えた写真を展示するクリスチャン・ポラック・コレクション展など、バラエティも豊かなのが嬉しい。

2013/03/20(水)(小吹隆文)

2013年04月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ