2017年08月01日号
次回9月1日更新予定

artscapeレビュー

プレビュー:植松奎二 見えない重力

2017年04月15日号

twitterでつぶやく

会期:2017/05/13~2017/06/10

ギャラリーノマル[大阪府]

2013年に中原悌二郎賞を受賞し、2014年にニューヨーク近代美術館への作品収蔵、2015年には韓国で大規模な個展を開催するなど、海外での評価が一層高まっているベテラン彫刻家、植松奎二。彼が3年ぶりに大阪のギャラリーノマルで個展を行なう。作品は、約6メートルの角材2本を1本のロープで吊り、空間に巨大な三角形を生じさせる《Cutting-Triangle》と、全長約10メートルのドローイング《置─重力軸・Situation-Gravity axis》など。それらは、彼が長年テーマにしてきた重力や引力(=宇宙を形作る普遍的な力)を可視化したものであり、画廊内に小さな宇宙をつくる試みでもある。今年で70歳になるアーティストとは思えぬ、躍動感と新鮮な感性に満ち満ちた新作が、今から楽しみだ。

2017/04/10(月)(小吹隆文)

▲ページの先頭へ

2017年04月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ