2017年06月15日号
次回7月3日更新予定

artscapeレビュー

蟻塚学建築設計事務所《地平の家》/伊東豊雄建築設計事務所《大館樹海ドーム》

2017年04月15日号

twitterでつぶやく

[秋田県]

秋田の大館に向かい、蟻塚学による《地平の家》へ。ほかの作品と同様、東西方向に長い敷地で、いつもの手法を使いつつ、今度は外壁において腰まで土を埋めた中温のサンルームに挑戦している。前面と背面の庭は雪で埋まっていたが、塀で余計な視界を遮りながら、遠くの山だけを効果的に眺めに組み込む。角を丸めた、カプーア的な茶室も含め、確実にデザインを洗練させている。続いて、伊東豊雄としては早い時期の公共建築である《大館樹海ドーム》に立ち寄った。遠くから見ても印象的なシルエットである。まわりを水で囲み、ダイナミックな木造の大架構を持つ内部は完全に野球場の仕様になっていた。

写真:左3枚=《地平の家》、右3枚=《大館樹海ドーム》

2017/03/04(土)(五十嵐太郎)

▲ページの先頭へ

2017年04月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ