毎月1日、15日号発行の美術館・アート情報をお伝えするWebマガジン(次回5月15日更新予定)

artscapeレビュー

いまふくふみよ 回帰する時間/Natural Dyeing

2017年04月15日号

twitterでつぶやく

会期:2017/04/04~2017/04/09

アートスペース虹[京都府]

道路に面したガラスドアから3つの壁面が見えるアートスペース虹。そのうち一面はカラフルな水玉模様で埋め尽くされ、残る2面にはマリメッコのテキスタイルにも似た花模様や色面分割の図柄が、絵画の要領で展示されていた。驚いたことに、これらはすべて天然染料(素材は主として植物)による型染め、引き染めで、色は日本の伝統色だという。筆者が見たことのある日本の伝統色は、書籍だともうもう少し原色に近くて強め、布地だと逆に渋めの色合いだった。本展の作品では、色調は淡いパステルトーンで、作品によってはグラデーションも見られる。作者のいまふくによると、布地を渋めの色合いで仕上げるのは、現代人の思い込みによるところが大きいという。かつてクラシック音楽で古楽ブームがあった時(1980~90年代)、作曲家が生きていた当時の音色、テンポ、リズムで演奏された楽曲の斬新さに驚いた記憶があるが、染色でも同じことが言えるのだろうか。いまふくは本展にあたって、日本の伝統色にまつわる調査研究をまとめた冊子も制作している。地道な活動を結実させた彼女に敬意を表わしたい。

2017/04/05(水)(小吹隆文)

▲ページの先頭へ

2017年04月15日号の
artscapeレビュー

  • RSS配信
  • RSS配信

2017年04月15日号(5月1日合併号)