2017年06月15日号
次回7月3日更新予定

artscapeレビュー

ヨッちゃんビエンナーレ2017「コラージュ・キュビスム」

2017年04月15日号

twitterでつぶやく

会期:2017/03/22~2017/03/31

オリエアート・ギャラリー[東京都]

加藤義夫氏が企画する世界最小かもしれないビエンナーレ。ヨッちゃんは年齢も身長も守備範囲もぼくとほぼ同じだが、違うのは彼がキュレーションもできること。その違いがこうして展覧会を企画する側と、それを書く側に分断するわけだ。それはともかく、同展は昨年秋に神戸で開かれたものの東京巡回になる。出品は、青木恵美子、植松琢磨、小野さおり、川口奈々子ら11人。多くの作家は、彼があっちこっちで審査員や推薦委員を務めていた展覧会から選ばれているが、ぼくも一緒に審査した展覧会もあるので、数名は知っている。大きな特徴は女性が8人、つまり大半を占めること。そのせいか全体に色があり、入念に描き込んだにぎやかな作品が多い。そんなに広くないスペースなので大きな作品は少なく、それがいっそう密度を濃くしている。

2017/03/22(水)(村田真)

▲ページの先頭へ

2017年04月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ