2017年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

手島浩之/都市建築設計集団/UAPP《路地にかかる大軒》

2017年04月15日号

twitterでつぶやく

[宮城県]

東北住宅大賞の現地審査のため、手島浩之が設計した《路地にかかる大軒》を見学した。五十嵐研出身の真田菜正が担当した物件でもある。外観は前面の道路に張り出す大きな軒を特徴とするが、一歩室内に足を踏み入れると、民芸品がセンスよく並べられた内路地、中心軸の奥にある台所、少し上がったリビングとデッキ、ロフト的な子供部屋など、内部の複雑で立体的な構成は想像をはるかに超えて豊かだ。さすが断面の魔術師である。

2017/03/01(水)(五十嵐太郎)

▲ページの先頭へ

2017年04月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ