2017年12月15日号
次回1月15日更新予定

artscapeレビュー

日本・デンマーク外交関係樹立150周年記念 スケーエン:デンマークの芸術家村

2017年04月15日号

会期:2017/02/10~2017/05/28

国立西洋美術館[東京都]

Skagenと書いて「スケーエン」と読むそうだ。デンマークの北部にある漁村で、ここに19世紀末から20世紀初頭にかけて画家や詩人、作曲家が集まり、国際的な芸術家村として知られたという。そのスケーエンに集った画家たちによる59点の作品が紹介されている。ま、はっきりいってド田舎だけに、農村リアリズムっていうんでしょうか、ジュール・ブルトンやバスティアン・ルパージュ風の写実的な風景画ばかり。しかも北方に位置するため光を渇望するせいか、白を多用するのが特徴だ。さわやかだけど、それだけ。だいたいヨーロッパもアメリカも日本も、時代を問わず、田舎に行くほどリアリズムが尊ばれるのはなぜだろう。なにか普遍的な法則があるのかもしれない。

2017/03/16(木)(村田真)

artscapeレビュー /relation/e_00038536.json l 10134227

2017年04月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ