2017年12月15日号
次回1月15日更新予定

artscapeレビュー

ソーシャリー・エンゲイジド・アート展 社会を動かすアートの新潮流

2017年04月15日号

会期:2017/02/18~2017/03/05

アーツ千代田3331メインギャラリー[東京都]

ソーシャリー・エンゲイジド・アート。訳せば「社会的につながる芸術」ですかね。長いんで「SEA」と略す。これまで「コミュニケーションアート」「関係性の美学」「アート・アクティヴィズム」「地域アート」などと呼ばれてきた、社会とかかわるアートの総称だ(でもそれぞれ少しずつ守備範囲が異なる)。出品はペドロ・レイエス、西尾美也、アイ・ウェイウェイ、スザンヌ・レイシー、丹羽良徳ら。社会とかかわるアートだから、成果物(作品)はあまり重視されず、おのずとこうした展覧会は資料展か記録展にならざるをえない。それはそれで貴重なものだが、そもそもこうしたギャラリーに収まるアートへの反動として生まれた側面もあるので、展覧会として見せるのはどうなんだろうという疑問もある。そのことも含めて、問題提起としては価値ある企画だ。

2017/03/05(日)(村田真)

artscapeレビュー /relation/e_00038928.json l 10134232

2017年04月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ