2020年08月01日号
次回9月1日更新予定

artscapeレビュー

プレビュー:解剖と変容:プルニー&ゼマーンコヴァー チェコ、アール・ブリュットの巨匠

2012年02月01日号

会期:2012/02/04~2012/03/25

兵庫県立美術館[兵庫県]

パリのabcdの所蔵品により、2人のチェコ人アール・ブリュット作家を紹介する展覧会。ルボシュ・プルニー(1961〜)は、小学校卒業後さまざまな職を経験し、その傍らで幼い頃から興味があった解剖図を思わせる身体の絵を描くようになった。本展では絵画30点などを紹介する。アンナ・ゼマーンコヴァー(1908〜1986)は、25歳で結婚して4人の子どもを育てた後、子離れによる不安の代償として絵を描き始めた。1960年代前半から最晩年までの60作品を展覧する。また、abcdの創立者ブリュノ・ドゥシャムが2009年に制作した長編ドキュメンタリー映画『天空の赤』上映と、そこに登場する6作家の作品展も。

2012/01/20(金)(小吹隆文)

artscapeレビュー /relation/e_00016419.json l 10020609

2012年02月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ