2020年08月01日号
次回9月1日更新予定

artscapeレビュー

プレビュー:ノモトヒロヒト写真展 LIFE

2012年02月01日号

会期:2012/02/03~2012/02/25

TEZUKAYAMA GALLERY[大阪府]

大阪在住の写真家ノモトヒロヒトが、東日本大震災の津波の被災地を取材した2つの新作シリーズを発表する。ひとつは《Facade》で、被災地の建物を真正面から客観的に撮影したもの。もうひとつは《Debris》で、被災地で大量に発生し、素材ごとに分類された瓦礫を撮影し、コンピューター上で繋ぎ合わせたものだ。両シリーズに共通するのは、事象から距離を置き、冷静な観察者に徹した写真家の視線である。震災で失われた人間の営み=LIFEが永遠に記憶されるべきものであることを、ノモトの新作は示している。

2012/01/20(金)(小吹隆文)

2012年02月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ